貯金を増やすコツ「資産運用」

資産運用で増やす

資産運用も考えてみよう

「毎月決まった額を貯金に回す!」「節約して貯金する!」というような方法でもお金を貯めることができますが、もっと効率良く貯金するために資産運用も視野に入れてみましょう。運用方法にはたくさんの種類があるので、その中から自分にあった方法を見つけるのが大切です。

保管するなら【銀行預金】

現在の銀行預金は年0.1%の低金利ですが、マイナス金利になることはないので「お金の保管場所」としてはベストです。ほとんどの人が給与の振り込みやカード決済、各種引き落としなどに利用していのではないでしょうか?でも、お金をやり取りするときに手数料がかかってしまうため、最近はできるだけ費用を抑えるためにネット銀行を使う人も増えてきています。
また、銀行預金はお金の保管場所としてはベストですが、お金を増やすことには不向きです。定期預金もありますが低金利ですし、投資信託も証券会社に比べて手数料が高くなっているので銀行でお金を増やすことはあまりおすすめしません。

【株・投資信託】

お金を増やす手段としてパッと思い浮かぶのが株や投資信託ではないでしょうか?「株は大損するから怖い…」「ハイリターンハイリスク」だというイメージもありますが、それだけではありませんよ。株を通して世界の情勢を知ることもできるんです。なぜなら、株を買うときは日本だけでなく海外の経済の動きや動向を考えないといけないので自然と政治情勢や市場に関心が沸いてくるからです。
取引の方法は1日中細かく売買するデイトレードや、配当や株主優待を目当てにした中長期のものまでさまざまですが、将来を見据えた資産運用なら中長期のものがおすすめです。

【FX】

FXとは外国の通貨との為替レートの上げ下げで利益を得る投資方法です。レバレッジという担保で掛け金以上の利益や損益が発生するのでリスクは高め。しっかりと仕組みを理解してからはじめましょう。

【不動産投資】

マイナス金利で資金は不動産に流れるといわれているせいか、最近注目を集めているのが不動産投資です。ある程度の資金があり銀行の融資が受けられるなら、投資用のマンションを買ったりアパート経営で家賃収入を得たりすることもできます。

資産運用で注意したいポイント

まずは何のための資金なのか、目標を明確にしておくことです。生活資金と運用資金が混ざっちゃうと資産形成自体が失敗してしまうので、切り離して考えることが大切です。他にも、先物取引や未公開株にまつわる詐欺事件が後を絶たないので、よく分からないものには手を出さないこと!
資産運用はお金を増やせる一方でそれなりのリスクもあるので、どんなリスクがあるのかしっかり理解してからはじめることが大切です!