貯金を増やすコツ「働き方を変える」

働き方を変えて増やす

働き方を変えて増やす

夜勤の回数を増やす

収入をアップさせる一番の近道は働き方を変えて手当を増やすこと。特に夜勤は回数を増やせば増やした分だけ収入が増えます。でも、日勤とのつながりやローテンションとの兼ね合いもあるので自分でコントロールすることはできません。また、夜勤は日勤に比べて人数が少なく1人あたりの負担も増えるため、体力も必要です。

資格を取得する

収入アップのためには手当を増やすのが近道ですが、手当がつくだけじゃなくスキルアップにもつながるのが資格の取得です。看護師の資格には専門性の高い知識を持つ人だけが取れる「専門看護師」と「認定看護師」があるので、まずはこの2つを目指してみましょう。
「専門看護師」はがん看護や精神看護などの専門の分野で、レベルの高い看護ケアを患者さんやご家族に効率よく提供できる看護師のことです。精神的な苦痛を和らげるために相談を受けたり疾患に関する問題を解決したりします。一方、「認定看護師」は救急看護や皮膚・排泄ケアなど、特定の分野にで高度な看護スキルと知識を持つスペシャリストのことです。患者さんのケアだけじゃなく他の看護師を指導したり相談を受けたりします。
専門看護師には月10,832円ぐらい、認定看護師には月9,773円ぐらいの資格手当がつきますが、すべての病院でこの資格手当がつくわけではありません。資格手当をきちんと支払っている病院は全体のうち専門看護師が20.9%、認定看護師が27.4%とかなり少ないので、収入アップも兼ねて資格の取得を目指すのならきちんと資格手当が支払われている病院で働くのが大切です。
資格を取るためには一定の期間教育機関に通学して勉強しなければなりません。病院によっては支援制度を取り入れているところもありますが、仕事と勉強を両立するのはものすごく大変です。1万円前後の資格手当はつきますが、資格を取るまでの苦労を考えると見合っているとはいいがたい金額ですよね。
そのうえ、資格を取ると業務の性質上日勤が多くなって夜勤の回数が減り、結果として給料が目減りしてしまうこともあります。でも、専門の資格を取得すれば職場での活躍のチャンスが増えるので管理職にキャリアアップするチャンスも増えます。管理職になれば基本給自体がアップするため、大幅な収入アップが期待できますよ。

キャリアアップして基本給と手当をアップする

収入をアップするためには給料の大部分を占めている基本給をアップしないといけません。基本給を大幅アップさせるには管理職に昇進しないといけませんが、昇進したい!と思っても周囲の同意やそれなりの実績が必要になるので思い立ってすぐに実現はできません。ある程度の時間が必要です。