看護師の貯金事情【毎月の貯金額】

毎月の貯金額はいくら?

毎月の貯金額はどれくらい?

看護師は年代にかかわらず貯金している人が多いことが分かりましたが、毎月どれくらい貯金しているんでしょうか?貯金額は正社員やパートなどの雇用形態や年代によって差はありますが、一番多いのは1万円~3万円のゾーンで、それに、3万円~6万円未満のゾーン、6万円~10万円未満、10万円~15万円未満、5,000円未満と続いています。
雇用形態別では正社員が平均5.4万円なのに対し派遣が平均4.0万円でしたが、もともとの給料が違うため、正社員よりも少ない給料なのに平均貯金額の差が1.4万円なのはかなり健闘しているといえますね。
年齢別では20歳~24歳の20代前半は平均4.3万円、25歳~29歳の20代後半は平均4.9万円、31歳~35歳の30代前半は平均4.6万円、35歳~39歳の30代後半は平均4.3万円となっていました。この数字から、「一番貯金しやすいのが20代後半と30代前半」反対に「貯金しにくいのが20代前半と30代後半」ということがわかります。年齢が高いから貯金ができるというわけじゃない、ということですね。確実に貯金したいなら20代後半と30代前半にしっかりと意識しておくことが大切なのかもしれません。

3万円~6万円ゾーンが多い理由

「就職してすぐのころはそれほど給料が高いわけではないので貯金に回す余裕がない」「貯金ができる月とできない月がある」など人それぞれ貯金事情は違いますが、「最低これくらいは貯金しておかないと!」と毎月3万円を目安に貯金を頑張っている人が多いみたいです。

将来のことを見据えている人は4万円~7万円ゾーンが多い

貯金を頑張っている人のうち25%は4万円~7万円の貯金を達成していますが、このゾーンには「将来のことを考えて多めに貯金したい!」「子どもの教育費を貯めたい!」と将来のことを見据えている人が多いんだとか。決して低い金額じゃないので貯金計画をしっかりと立てておかないと途中で挫折しかねませんね…。

実家暮らしや結婚している人は10万円前後

実家で暮らしている人や結婚している人など、自分の給料が生活費で削られていない人はわりと多く貯金できているようです。自由に使える額が多いため「給料の2割は貯金する!」や「毎月確実に〇〇円貯金する!」など、貯金計画をしっかりと決めている人が多いのが特徴です。

中には10万円以上貯金している人も

それほど多くはありませんが、給料の半分以上を貯金している人もいます。旦那さんと共働き、実家暮らし、寮住まい、10万円以上貯金にまわせるほど余裕がある給料をもらえている管理職、などの条件はつきますが、ただなんとなく貯金しているのではなく「子どもの教育費のため」「老後のため」などの固い意識を持って貯金しているからこそ、この貯金額が達成できるようです。