貯金のコツ「気軽に使える家計簿アプリ」

家計簿でお金を見える化して貯める

「お金の見える化」とは?

「毎月の給料やボーナスなど何に使ったか分からない」「気付いたらなくなっていた」という人はお金の管理がしっかりできていない人です。貯金するためにはお金の流れをしっかりと把握しておくことが大切なので、まずは「何に」「どれくらい」お金を使っているのか、「お金を見える化」していきましょう。
お金を見える化するのに最もいいのは「家計簿」です。買った品物や価格をひとつずつ記入していくものもあればレシートを貼り付けるだけのもの、などいろんな種類があるのでその中から使いやすいものを選ぶといいですよ。

家計簿は続かない?!

レシートを取っておいて入力するだけ、と単純な作業のようにおもうかもしれませんがすべてのお店レシートを出しているとも限りませんし毎日家計簿をつけるのは大変です。手間を減らそうと週末や月末にまとめてつけようと思っても忘れていたら正しくつけられませんしね。そのため「入力がめんどくさい」「レシートを無くす」などの理由で途中で挫折してしまう人も少なくないんです。
家計簿を長く続けるためには「手間を減らしていかに楽につけることができるか」がポイントです。

家計簿アプリを使ってみよう

スマートフォンがあれば手軽に家計簿がつけられる「家計簿アプリ」があるのでぜひ活用してみましょう。家計簿アプリには簡単に使えるものから高機能なものまでいろいろあるので、まずは用途に合わせて使いやすいものから試してみると習慣化しやすくなりますよ。

【マネーフォワードME】

多機能さで他の家計簿アプリと一線を画しているのが「マネーフォワードME」です。2600以上のクレジットカードや銀行、電子マネー、ポイントに対応し、連携すれば自動で家計簿に書き込んでくれます。クレジットカードで支払っても食費や日用品代などを自動でカテゴリ分けしてくれるのでいちいち記帳せずに済みます。
マネーフォワードMEには無料版と有料のプレミアム版の2種類があり、無料版でも問題なく利用できますがプレミアム版なら株や預金などの資産チェック、ポイントカードの有効期限や残高不足などをプッシュ通知で知らせてくれる、などのより充実した機能が利用できます。

【zaim】

予算管理を徹底したい人におすすめなのが「zaim」です。予算に応じてあとどれくらい使えるかが表示されているので無駄遣いを防ぐのにピッタリ。家計簿で一番面倒なのがレシートを見て記入することですが、zaimはスマートフォンのカメラでレシートを撮影するだけで入力できるので手間もかかりません。また、履歴の一覧やカレンダーから「いつ」「いくら使ったか」を目で見て確認できるので使い過ぎの見直しや防止にもなります。
zaimはスマートフォンだけじゃなくタブレットやパソコンからでもログインできるので、ひとつのアカウントで家庭全体の管理ができます。家族で家計を管理することで貯金に対する意識も変わり、散財防止や貯金のモチベーションアップにつながります。